人気ブログランキング |

研究はおもしろい?

一週間目いっぱい疲れ果てて土曜日もまだ仕事満載だったのだが、
早朝から昼過ぎ、夕方から夜中までの予定の合間の午後の数時間
夕方の準備をしつつ死にそうにへばっていたにもかかわらず、
夜になって論文指導していると案外ラクになっていた。

それなりにできる学生で、はじめのコピペ状態から整理を重ねて
こちらのもっていきたい自分で考える方向に誘導できはじめたからかもしれない。
形式的とはいえ一応卒論を書くわけだから、自分で考えられる地力は
ある学生だけに卒業前にガクモンの一端に触れてほしいと思うわけである。

何より研究から遠く離れつつある自分にまだガクモンに十分未練があることを
確認できてほっとした次第である。
# by awazaa | 2006-06-03 22:38 | 教育
土曜日は午前中に別の仕事が入っている(しかも一週間で一番疲れる)ので
教師会の部屋の引越し作業は全く手伝えなかった。どうもすみません。
とりあえず本入りのダンボール(引越しのダンボールでは一番重い)運びや
本棚運び、テーブル運びなど力仕事を全くやらずに済ませてしまった。
そこそこ若い男がもともと数人しかおらず、一番引越し屋に向いてそうな私が抜けるのは
働いていた皆様には納得いかないことだったかと思うのであるが、私一人が
いたところで全体の量が多いので大した貢献は実際のところできないのである。
というわけで大変だった皆様許してくださいませ。

引越し作業が終わって皆様集まって一段落しているところで文化祭関連でみなさんの了承を取っておく事柄について意見を聞きつつ決定。しかしこちらで考えた案は二者択一とかで用意しており、それぞれの学校でそれぞれの事情に基づく発言をするもののこちらもわかった上で二者択一とかにしているわけで、「話し合い」なんて大して意味を持たないんじゃないかと改めて思ったりする。密室政治がよくない、全員で決めるべきだなんていう建前はあくまで建前で、数人で熟慮した線でガンガン進めた方が早い。改めてそんなことを実感した。

しかし結局全員に諮ってもともと案に決定したのは会計関係だけだったりする。会計担当さんはさすが仕事がきっちりしている。私がいい加減過ぎるだけではあるが。私担当の部分はややこしい議論に耐えられるほどきちんとつめていなかったので出せなかった。まあ会計ほど重要ではない運営方法の話なので通達的にサクっと進める予定だったりする。
# by awazaa | 2006-05-20 22:53 | 日本語文化祭

前年度資料?

昨日は夜に仕事が入っていたため教師会の会合は途中で抜けたのだが、
「前年度資料」としてもらってきた封筒の中身を見て唖然。
各大学からの領収証の束。会計の資料であった。
資料から最大限の情報を引き出すのが業界的には正しい;;態度なのだろうが、
これじゃ何もわかりません。ごめんなさい。

自分の一年前のおぼろげな記憶と、会議の席上での情報、そして
去年の運営に関わった方々からのお話をもとに進めるほかないのであろう。

とりあえずの目標は
 ・プログラム確定へ向けての準備
 ・予算配分の方法の検討
こんなところであろうか。
あと
 ・自分のところの出し物の準備
これが今の一番の厄介ごとだったりする…
# by awazaa | 2006-05-14 00:15 | 日本語文化祭

実行委員拝命

日本語文化祭なるものの実行委員を無言のにらみ合いにより拝命した。
ジャパンウィークの中の一つのイベント、日本語文化祭まであと19日。
去年は出るだけの出演側、しかもアシスト役だったので各学校の手続き
すら分かっていない有様であったりする。
第2回であり、全く初めてでない点だけが救いであるのだが、
仕事ぶりはダメダメだが一応本業もあり、その上ボランティア的役割もあり。
その上に今回の実行委員と来た。研究する時間が…(涙

とりあえずは出し物の把握と調整がメインになるので、5日後を締め切りとして
各大学から演目の情報を送ってもらうことにした。内容、人数、時間などで
調整を行うのだが、この手の作業はかなり苦手である。木曜日は気が重い。
# by awazaa | 2006-05-13 23:54 | 日本語文化祭

中国式?ビリヤード

夕方から別キャンパスの方に出張して個人指導をしてきた。
学生に呼び出されたのだが先週行くはずが忙しさにかまけて
ほったらかしにしていたのだから仕方がない。
個人指導が終わったあと、ビリヤードやりましょうというので
1年ぶりにやってみた。前回やったところではキューと台の
状態があまりに悪くてまっすぐ打てなかったのでもうイヤだと
思っていたのだが、今日やったところは日本のビリヤード場以上に
きちんと整備してあった。中国でもちゃんとしたところはあるんだな…

で、さすが誘ってくるだけあって学生君がうまい。本気を出したら
きちんと連続で落とせるようである。すごいもんだ。
8ボールでやっていたのだが、なんだかルールが中国では違うらしく、
常にコール制(従ってラッキーショットで落とすのが基本の私では
全然進まない;;)、途中で8番を落としても特にペナルティなし、
最初に自球に当てなくても良い(従ってセーフやブロックの意味がない)
なんていうルールなのである。
ボロ負けしてて台の上が自球ばかりだとついついブロックをかけてしまうが
動じることなくこちらの自球に当ててくるので面食らってしまう…

まあ状態のいい台で久しぶりに遊べたのでなかなか楽しかったのだが。
# by awazaa | 2006-04-09 22:07 | 中国生活

入学式

4月の初回ということで補習校で入学式を行った。
新入生により人数は2割増といったところである。
まだまだ最高学年も卒業まで時間があるため、
一年後も卒業生なしで4月は純増といったとこである。

しかし時間割の調整が大変である。もちろん何もなければ
なんてことはない作業なのであるが、最初の編成と
欠勤が重なるとかなりややこしくなる。しかも今回は
当日朝に欠勤追加ということで、基本的に動かせない
編成なのに変更の変更の変更にまで至り、わけのわからない
ことになってしまった。ご迷惑をかけた皆様すみません。
次回以降はできるだけ固定させたいところです。
# by awazaa | 2006-04-08 22:28 | 教育

連絡帳

補習校で教師と保護者の間の連絡があまりになさすぎるということで
問題になっていたので、連絡帳を作ることとなった。確かに私としても
予定通り終わっていない云々でクレームを受けるのは勘弁(しかも
大抵は単なる誤解だったりする)なので一応ちゃんと作りましょうかと
きちんとフォームを作って印刷・製本までやってみた。単に連絡帳だと
教師が各生徒について個別のコメントを書かざるを得なくなって
人数の多い学年では地獄のような作業になってしまうため、
基本的に内容は生徒自身で埋めるようにし、教師・保護者はサインのみ
とした。何かあれば連絡欄にどうぞというかたちである。これでひとまず
教師も保護者も「連絡帳があるから・スペースがあるから何か書かないと
いけない」というプレッシャーなしに日常を把握できるはず…である。

一番の問題は、なくさないでね、ということである…
人数分しか作ってないし。
# by awazaa | 2006-04-07 22:52 | 教育

休日

学校勤務だというのに、休日が平日である。というか空きが平日にしかない。
最近妙に忙しいこともあり、気も抜けたのか一日寝込んでいた。
風邪気味、はやたら多いものの休まざるをえないほどの風邪はあまりないのだが、
頭痛がひどく一日起き上がれなかった。薬のストックはしておくものである。
# by awazaa | 2006-04-06 22:19 | 中国生活

博士課程日本語?

こちらでは日本語専攻以外の大学院生も
語学の授業を受けなければならない。
しかも第二外国語まであるようである。
日本語専攻でも英語の授業があるわけだが、
日本をはるかに凌駕する語学重視である。

もちろん理系の大学院生は研究上英語が必須(だと信じたい)
なので英語を選択しているわけなのだが、
一応修士日本語、博士日本語という科目も存在している。

その「博士一外日本語」という科目を代理でやっているのだが、
受講者は大学院博士課程全体で5人… 少なすぎて教室が取れずに
日本語科の大学院の演習室での授業となっている。

第一外国語ということなのでしゃべるのはともかくある程度読める
人ばかりなのだが、渡された教材(新聞等からのエッセイ集)の
内容がどうにもダメな思い込みエッセイばかりなので、
日本の理系の院生・ポスドクの現状をレポートした新聞記事に変えてみた。

現在大学バブルが進行中で売り手市場の中国の研究者業界の方々の目に
政策失敗による日本の超氷河期の大学院&その後はどう映るのだろうか。
# by awazaa | 2006-04-05 21:01 | 教育

日中対照。

大学院のゼミ科目が始まったが、看板は「日中対照言語学」としてある。
中国語がろくにしゃべれない私がそんな看板を上げるのもさすがに
気が引けるのだが、先学期のように日本語学入門ばかりやっていても
しょうがない気がしてきたので本格的にゼミにせざるを得ない。
日本語について、といってもそれは確かに難しすぎることなので、
日中対照研究を材料として私と院生で役割分担してしまえば
まともに考え、発言でき、議論が可能になるのではないかとの意図である。

と決めていたのだが、先週大学院の担当会議があり、近くの大学から
非常勤で来てもらう先生が日中対照言語学をやるとのこと。聞いてない;;
まあゼミと講義で住み分けするのだが、「専門家」の講義があるのに
中国語のできない私が対照のゼミを担当するというのも変な気分ではある。
とりあえず、ちゃんと中国語勉強しとけばよかった と反省する日々である。
# by awazaa | 2006-04-04 22:13 | 教育